ベピオジェル・ジェネリック(ベンザック)ニキビ悪化の原因から治療

ベンザック・ジェルでニキビ菌予防
ベンザック・ジェルでニキビ菌予防。ピーリング効果で美白に一歩近づきます。

ベンザックジェル(BenzacGel) 効能

ニキビ治療薬のベンザックジェルはニキビの悪化の原因の「アクネ菌」を殺菌し、毛穴のつまりを改善するお薬です。
アクネ菌の発生を抑える事で肌の炎症が治まりニキビの腫れも治まります。
ニキビはホルモンバランスの乱れや、自律神経の乱れが原因により皮脂が過剰に分泌され、
毛穴に角栓が溜まり、アクネ菌などが増殖することで、炎症を起こしやすくなります。

また、古い角質のターンオーバーを早め、ピーリング(古い皮を剥く)作用もあります。
古い角質が除去され、毛穴が詰まりにくくなるので新しいニキビの発生も防ぎます。
白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビなど幅広いニキビに効果があります。

これまでのニキビ治療薬は長期使用すると「耐性菌」が発生し効果が弱まる事がありました。
*「抗生物質」を主成分とするため。
ですが、ベンザックジェルは長期継続使用でも耐性菌が発生しません。

日本ではベピオジェルという商品名で、同一の有効成分が2015年から販売されています。

ベンザック・ジェルの特徴

ベンザック・ジェル

ベンザックジェルは1981年設立の歴史ある大手製薬会社ガルデルマ社(スイス本社)の開発・販売のニキビ治療薬で直接肌に塗布するタイプの外用薬です。
ニキビの原因のニキビ菌の発生を防止する事でニキビの化膿や悪化を予防し、皮膚の代謝を早める事、ダメージを受けた皮膚を剥き清潔な状態に改善する効果があります。

ベンザックジェル(BenzacGel) 用法

ニキビ跡も改善

1日1回、洗顔後、患部に適量を塗布します。
目や口唇、粘膜、傷口をさけ、こすらず優しく塗ります。塗り終わったら手を洗います

ピーリング作用のため、皮膚の皮が剥けたり、皮膚の乾燥が副作用として生じます。
・ヒリヒリとした刺激を感じたらお薬を洗い流して下さい。
・使い始めは少量で狭い範囲から始めてください。

洗顔は1日2回が基本です。ニキビはつぶさないように、強くこすらずやさしく洗うことが大切です。
洗顔料は、ニキビのできにくいことが確認されている(ノンコメドジェニックテスト済み)製品や低刺激のものを選びましょう。

ベンザックジェル(BenzacGel) 使用上注意と副作用

主な副作用には、皮膚の皮が剥ける、痒み、乾燥、ピリピリ感、発疹などがあげられます。
アトピー性体質の方、妊娠している方、授乳中の方は医師に相談してから使用するようにしてください。

ピーリング作用より、皮が剥けやすくなり、お肌の抵抗力が弱まります。
ですので、使用中に日焼けをしてしまうと色素沈着するなどを起こしやすいので、日光へ当たることを極力避けてください。

●普段は冷暗所に保管をして、お子様の手の届かない場所に置いておきましょう。
●ベンザックジェルは、安全性の高い医薬品ですが、妊娠中や授乳中は体がデリケートになっているので、医師に必ず相談をしておく必要があります。
●症状が悪化したり、治らない場合は、その旨を医師・薬剤師にご相談ください。
●本剤を使用中は皮膚に刺激のある化粧品や石鹸などを使用しないでください。

ベンザックジェル(BenzacGel) 副作用

●特に副作用としては使用中の刺激感、発赤、かゆみを引き起こす場合があります。
●敏感肌の方は腫れや痒みを引き起こす可能性があります。
●軽い程度の副作用であれば、問題なく使用できますが、頭痛や倦怠感、発疹など
*体の不調が見られる時は、使用を中断して医師に相談して下さい。

ニキビは根本原因からの治療も美白の近道

ニキビは発生後の対処は2種類の原因から排除する方法が検討されます。

・ニキビ悪化の原因:「アクア菌」が発生
・ニキビ発生の原因:食生活、ストレス、ホルモンバランスの崩れ

アクサ菌はベンザック・ジェルで対処にはホルモンバランス調整として避妊ピルが良く利用されます。
美容クリニック等でも処方されるノベルンなどの避妊薬はホルモンバランスを調整しニキビが発生しにくくします。

ベンザック・ジェルで効果がなければ、こちらの「ノベルン」も見てみてください。

個人輸入代行と通販ならば三越屋

ベンザック・ジェルでニキビ菌を抑え毛穴詰まりを解消
タイトルとURLをコピーしました